原状回復義務の意味とは借りていた家の室内につけた傷

原状回復義務の意味とは借りていた家の室内につけた傷や壊してしまったものを住む前の状態に戻すためにかかる費用を支払う義務のことで、通常であれば敷金からその分の費用を差し引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるというものになります。
先日引っ越したのは良いのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。

マンションから転居したので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日も前から時間をとって、何回にも分けて台車に載せ転居先に運びました。台車一台で、よくも運んだものです。

大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。

もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう展開は最も避けたいので、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。

引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、運がいいのか、荷物をぞんざいに運ぶような業者に遭遇したことはありません。

また、引っ越し時の家電の破損について、補償されることになっていますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。
年金で過ごしていますが、市営住宅から民営住宅へ移転する事にしました。年齢があがると、段差の少ない建物がいいです。

また、介護士の訪問等が来てくれるお家に住みたいという気分もあります。

可能な限り子供には、我慢させたくありません。
引っ越し 費用 だいたい

wei